アルファロメオ ミート パイオニア カーナビ 取り付け 長野県 長野市 カスタムカーオーディオ取り付け専門店

大事なのは走行中テレビが見れてカーナビも操作ができること。

モービルスクエアは外車がだいたい半分くらいの割合で入庫する。カーセキュリティやエンジンスターターやカーナビの取り付けが多い。接客中、客から「知識が無いとさまざまな要求に対応できないですよね」って言われまさにこの商売やっていけない。もしカーナビやオーディオを一年くらい中止して休むとよく解らなくなると思う。20年継続してやっているので理解できる部分もある。時代とともにさまざまなメディアが開発されカーナビに搭載されてくる機能が各メーカーにあってその都度販売者や取り付け業者は学習していかなければならない。なのでこの商売こそ継続が力。





モービルスクゥエア長野店 | オーディオ・ナビ取り付け | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スバル レガシー BP5 パイオニア スカウター カーナビ 取り付け 長野県 長野市 カスタムカーオーディオ専門店

カーナビが古いとメディアギャップが生じる。

カーナビも長い間使っていると操作だとか覚えて使いやすくなるけれど、地図が古すぎたり、さまざまなメディアに対応できなかったりでこういう場合は交換がてっとりばやい。あの時付けたかったモデルもあって忘れられない場合はとにかく探す。あの時話題だったスカウター・カーナビ。バイザーヘッドもなんか先進的。なんだかんだ言ってもパイオニアってメーカーは時代の先駆けをやっていることに気ずく。それがユーザーに受け入れられるか否かは別として開発しているのはやはり業界のリーダーでもある。でも、先進的な技術の面白さは長くは続かないので、今はこのスカウター商品は無い!!











モービルスクゥエア長野店 | オーディオ・ナビ取り付け | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

マツダ アテンザ トランク内 アンプ5台 取り付け  長野県 長野市 カスタムカーオーディオプロショップ

バッテリー直ゼロゲージを引いて4ゲージで電源供給。4000Wオーバー。

ヒューズは300Aでこの世の最大級。計算するとMAX4200Wまで供給可能です。ケーブルが太いのはいいが言うことをきかないケーブルで配線に手間がかかりめんどくせ。一番取り付けの進捗状況を気にしているのは当然このクルマの持ち主で、仕事中でもちょっと時間があると見にくる。時間とともに完成が見えてくるのは楽しい。音もどんな音がするのか一番楽しみ。そもそもアテンザの純正カーナビは取り外すことは禁止なのでこのようなヘビーなカーオーディオシステムが何故できるのかはアルパイン製プロセッサーのお陰。H800が全て音をコントロールするようになる。純正カーナビだってとんでもないサウンドに響くようになります。











モービルスクゥエア長野店 | オーディオ・ナビ取り付け | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

マツダ アテンザ トランク内 アンプ5台 配線  長野県 長野市 カスタムカーオーディオプロショップ

いい音はアンプで決まり!!なんと5台で音を出す。

100万円を軽く超えるカーオーディオはヘビーシステムで何かと手間がかかる。箱ができてトランクに収める。設計ミスではまらない場合もあるけれどこういう時は一気にやる気を失う。箱はクルマの形状に合わせ隙間がないように作るのがポイント。振動との戦いなので少しのガタも許されない。まだ音はでないが38cmの巨大ウーファースピーカーが2個付いて振動するわけでどのくらいすさまじいのか想像はできる。カーオーディオでもう一つ重要なのはデンキ配線でこれがまためんどう。3000Wを超えるこのようなシステムはデンキの供給方法が大事。配線後、音の調整はプロセッサーで行うのでアンプのゲインやクロスオーバーはノーマルが正しい。







モービルスクゥエア長野店 | オーディオ・ナビ取り付け | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

マツダ アテンザ トランク内 にサブウーファー ボックス  長野県 長野市 カスタムカーオーディオプロショップ

キッカー38cmサブウーファーをトランクに積んで欲しいです。

もはや、もう38cm一発で今まで音を聴いていたのだけれど欲望は止まらない。今度は2発のご注文。上には上の音がある。取り付けるには、全て無いものを作る。スピーカーをならすための箱が無いわけで、一枚のMDFから切って作っていくわけ。条件はトランクの中にぴったし収まるように設計をしてくみ上げていく。こういう仕事はカーオーディオ専門店の得意技で誰でもできることではありません。経営的には差別戦略で、人がやらないことをするのがモービルスクエアで、もう20年を迎えます。区切りに何か、150台くらい集めて大きなクルマのイベントでもやろうか取り付け専門職人は思案中でもあります。






モービルスクゥエア長野店 | オーディオ・ナビ取り付け | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

トヨタ ヴォクシー カーオーディオ 取り外し 長野県 長野市 カーオーディオプロショップ

ヴォクシーを元のクルマに戻す作業

当時クルマ買ってカーナビやアンプを3台、サブウーファー、スピーカー、キャパシター、カメラそしてカーセキュリティシステムなど注文いただきインストールしましたがこの度、乗り換えになったので全ては取り外し。取り外しも取り付け専門職人にとっては大事な作業で、年月の経過によるケーブルの状態など確認できる。純正とはちがいカーオーディオやセキュリティは次のクルマにも移植できるので費用をかけずに今までの音が楽しめます。取り外した商品の山を見るとよくも取り付けたものだと自分ながらに感心。





モービルスクゥエア長野店 | オーディオ・ナビ取り付け | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

日産 スカイライン PV36 カーオーディオ 音質改善 パワーアンプ取り付け 長野県 長野市 カーオーディオ取り付けプロショップ

いい音はアンプで決まる!!

ホームオーディオは取り付け専門職人の趣味で、カーオーディオはビオジネスなんだけど共通していえることは、いい音はアンプが決めること。アンプしだいで、カーオーディオの内臓アンプでは音は語れない。スカイラインも内臓アンプ純正カーナビだけれど、パイオニアのアンプを装着しダイナミックレンジを上げ音圧の高いいい音にすると感動が生まれる。純正でもアンプを使ってならすととんでもなくいい音になります。アンプ取り付けはモービルスクエアのようなプロショップの得意技。重要なのは電源で8ゲージよりも4ゲージと太いケーブルの方が効率が高くなる。よく見かける、細いケーブルは電源供給時、高熱になって発火の危険もありますので要、注意!!助主席の下に配置を試みたが残念。シートが低すぎてはいりません。やむなく、トランクにインストールしました。ゆくゆくはトランクにサブウーファーを取り付ける予定なのでむしろトランクがベスト。







モービルスクゥエア長野店 | オーディオ・ナビ取り付け | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

日産 スカイライン PV36 リアドアスピーカー交換 音質改善 長野県 長野市 カーオーディオ取り付けプロショップ

いい音の第一歩はスピーカー交換から始まる。

純正スピーカーは軽くプラスチックと紙でできたもので、構造はダブルコーンで再生周波数特性は特に高域の伸びが無いのが特徴。アルパインのコアキシャル2Wayをチョイスしてインストール。予算の都合でリアドアのデッドニングはありません。そのまま装着です。





モービルスクゥエア長野店 | オーディオ・ナビ取り付け | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

日産 スカイライン PV36 スピーカー交換 音質改善 長野県 長野市 カーオーディオ取り付けプロショップ

純正よ、さらば。ドア・スピーカー交換。

新しいスピーカーを取り付ける前にやることがある。それは、デッドニング。制振・遮音・吸音効果を得る。取り付けるスピーカーのポテンシャルを引き出すにはこれがてっとりばやい。モービルスクエアの定番はオーディオテクニカのアクワイエのキット。この商品は2種類あって、ダンピングマットの色が青い方はお値段が赤の半分。特性も半分なのであまり推奨はしません。どうせやるなら徹底的にやるのがモットーです。ダンピングマットはドアのインナーに重点的に貼る。スカイラインのドアは穴が空いていないので遮音特性は高いのだけれど、アウターにも貼り付ける。サービス満点。ポイントは純正位地にツイタースピーカーをインストール。全ては加工が必要です。見えないところでもきれいにかっこよく仕上げるのが取り付けプロの職人技です!!

















モービルスクゥエア長野店 | オーディオ・ナビ取り付け | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

日産 スカイライン PV36 カーオーディオ 音質改善 長野県 長野市 カーオーディオ取り付けプロショップ

純正カーナビは取り外せないけど大丈夫!?

日産車に多い一体型純正カーナビは市販品ナビと交換するのが困難。それ以上の高音質を希望する場合はやはり外付けのパワーアンプが必需品なので作業開始。マツダ・アテンザくんもピットに鎮座しているのだけれどちょっと休憩。スカイラインは第一期工事でスピーカー交換やドア・チューニングをして、2期工事でサブウーファー。なので重要なのは電源
で4Gラインを引き込む。バッテリーを取り外さないとできない。アンプへの音声ラインは純正カーナビからとる。ハイレベルにするかLowにするかは悩みどころだけれど、最終的には音を聴いて判断したい。パワーアンプはシート下と考えて置いてみたら残念スライドシートと干渉するので諦めてトランク内にインストール決定。カーオーディオの取り付けはクルマにダメージを与えてはいけません。







モービルスクゥエア長野店 | オーディオ・ナビ取り付け | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

インフォメーション

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

オーディオ・ナビ・セキュリティ取り付け実績紹介

オーディオ・セキュリティ取り付け紹介

LINKS

PROFILE

profilephoto

モバイル

qrcode