トヨタ S800 #20 浮谷レーシングマシン 1/24 フジミ模型 制作 長野県 千曲市 ミニカーショップ

故浮谷東次郎のトヨタS800 栄光の#20

1965年のレース練習中に鈴鹿サーキットを横切った無礼者をよけ電柱にそのまま激突、死亡した天才ドライバーの愛車。この頃は他には生沢徹や田中健次郎レーサーが大活躍。
先回は1/32のキットを手掛け、今回は1/24なのでいくぶんでかいので作業がしやすい。しやすいといってもプラモ作りのめどくささは変わらない。ボディ色はアルミシルバーに決定。実車を見たわけでもなしよくは解らない。普通のS800は、実は取りつけ専門職人の兄きが所有していて、専用ピットの中に安置されていて、いつでも快適に動作できる状態
でピッカピカ。毎年Mウェーブで開催されている「ノスタルジックカーフェア」に出品やらパレードで楽しんでいます。
キットはいかんせん、年代もので古く、古いのはいいのだけれど、デカールがそうとう痛んでいたので超たいへん。すぐ破れる、壊れ、おしゃか。なんとかだましだまし貼って人苦労。エンジンルームにも800CCのエンジンが収まり見ごたえ十分。特に暖房器はガソリン噴射式のジェットヒーターもちゃんと再現されています。











モービルスクゥエア長野店 | R/C・プラモデル製作 | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

トヨタ セリカ リフトバック 2000GT 1/24 キット プラモデル製作 長野県 千曲市 ミニカーショップ

青春時代のマイカーを作ってみた。

オリスタのそばのじょうしんでんきに寄ってプラモコーナーでこのセリカを発見。若い時、20代の頃取りつけ専門職人は最初にセリカリフトバック1600GT、次に2000GTと乗り継いだ。色はこのモスグリーンで懐かしさ一際でその頃の思い出が蘇る。カーオーディオはカセットの時代でコンポがはやり始めた頃。今のような1DINサイズではなく幅約160mmとか150mmで黒ではなくシルバーボディ。内臓アンプはまだなくて外付けアンプでならしていた。マイ・リフトバックはミラーはドアミラーで最先端。スピーカーはリアシートサイドにある小物入れをつぶしてバッフル板をはめこんで16cmのコアキシャルスピーカーを装着し爆オンで楽しんでおりました。そのころの音楽はほとんどGS。ガソリンスタンドではありません。グループサウンドでタイガースとかテンプターズ、スパイダース、カーナビーツ色々。その後は4畳半フォークソングでかぐやひめ、たくろー、ようすいなど。アイドルはあさおかめぐみ・きゃんでぃーず・ももえ・じゅんこなど色々。今でも楽しんで聴いています。







モービルスクゥエア長野店 | R/C・プラモデル製作 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

小布施音楽祭 20th Nine Muse Classic JPCOメンバー コンサート 長野県 千曲市 カーオーディオ取り付けプロショップ

小布施音楽祭は初めてでした。

JPCOのピアニストちあきさんに初めてお会いしたのが数年前の冬の志賀高原・プリンスホテルで開催されたコンサート。ちょうどNHK大河ドラマは「真田丸」上田市出身の大辻さんのビオラが大活躍でとても印象的。今回は9人のメンバーが北斎ホールで素晴らしいプログラムを演奏。時間の流れがこんなにも速いのかと疑うほど。帰り際にサインしていただいたチェロのえりこさんとちあきさんのCDを帰りにシボレーのカーオーディオで聴きながらドライブ。白鳥の湖とかチャップリンのライムライトが特にいい。チェロの音色は気持ちを整えてくれる響きでもあって好き。あれから毎日このえりちゃんCDをBGM。聴いていると・・・・・やっぱり落ち着く。JPCOライブまで少し時間があったので北斎ホール近くのジャズカフェ「BUD」にお邪魔。このカフェは取り付け専門職人好みでBGMはチャーリーパーカーを初めとするアーチストのLPレコードの音楽が楽しめる。アナログサウンドはやはりトゲがないからいい。何時間でも居られるカフェ。ブルーノートのコースターいいね!!









モービルスクゥエア長野店 | PICK UP!話題情報 | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

DUCATI ドガッティ 916 ”SENA” 1995 プロター1/9 メタルキット 製作 長野県 千曲市 ミニカーショップ

珍しい PROTAR 1/9 made in ITALY DUCATI 916 アイルトン・セナモデル

スケールが1/9 でしかもホイールやシャーシーフレームなどはダイキャストメタルでできたプロターのキット。しかも取りつけ職人大ファンのアイルトン・セナモデル。いつか、作らなきゃと思いつつようやく着手。20年間コツコツとカーオーディオの音響を学びそれをいかにインストールするかやってきました。おかげでプラモデルなどやってる余裕がない。本当は組み立てキットを完成させるのが一番の趣味でまた再燃。年もとって、老化を防ぐにもいいことで、頭の回転や手先の運動にもなっていいことずくし。なのでもうどうにも止まらない。このキットはおそらく20数年前に買ったものでずっと眠った状態。キットは完成させてその価値を生み出す。メタルキットはプラと違い完成させるとその重量といい質感が漂ってくる。1/9は完成させると大きいのでど迫力で見ごたえ十分。キットは当然作る楽しさがあって困難な壁や道も通る。困難を突破して完成させるとやはりその達成感に浸れるのがいい。久し振りのヒット作です。















モービルスクゥエア長野店 | R/C・プラモデル製作 | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「令和元年度富士総合火力演習」未体験ゾーン。 長野県 千曲市 カーオーディオ取り付け専門店

平和であることが一番。

この火力演習には毎年見学させていただいています。何で、このチケットをもらうに20〜30倍の競争率だというのに毎年モービルスクエアの連中は行けるのか。しかもVIP券で椅子の席が用意されています。とてもありがたや、ありがたや。来年も予定していますので、もしもこの壮大なイベントに行って爆弾の威力を確かめてみたい方はお申し出ください。この2時間はどんな学校のお勉強より重要だといつも思っています。平和であるがゆえに戦争も知る必要があって、戦争を知らない、解らないのが一番困る。火力演習は文字どうり、全て、戦車もミサイルも機関銃も実弾を使って攻撃の模擬を実施するので、10式戦車から放たれる砲撃の音や衝撃波は現場でないと体感できない。まずはその衝撃に耐え驚くがこれが戦争であったらと思うと背筋が凍る。あまりにも平和ボケし、ボーと生きてんじゃねーよとチコちゃんにしかられます。















モービルスクゥエア長野店 | PICK UP!話題情報 | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

トヨタ エス S800 1/32 プラモデルキット製作 長野県 千曲市 ミニカーショップ

1965年・昭和40年発売のトヨタのスポーツカー

昭和40年つーことは、取り付け専門職人はまだ10歳の幼年時代。でも少しこのクルマのこと覚えている。近所にクルマ好きのあんちゃんがいて、「篠ノ井橋にクルマ見に行くぞ!!!」と自転車こいでよく連れていかされた。実車を見るにはどうしても国道にでないと見れない時代で通りすがるクルマを眺めては喜んでいた。他、ホンダのS600もこの頃のスポーツカーで本田総一郎さん自から乗って出勤していました。キットはオーナーズクラブシリーズで往年の昭和のクルマだけが揃いスケールは1/32。部品数は抑えられてはいるがいかんせん部品がごみのように小さいので組み上げたり色を塗る作業は目が渋くなってたいへん。でも、頑張って難関突破。






モービルスクゥエア長野店 | R/C・プラモデル製作 | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

三菱 ギャランGTO 1/24 フジミ模型 プラモデル製作 長野県 千曲市 ミニカーショップ

昭和のスポーツカー・ヒップアップクーペ・コルトギャランGTO

先日、ギャランGTOは伊香保温泉の自動車博物館にしっかり展示されていました。今見てもかっこいいクルマで取りつけ専門職人お気に入りの一台で何がいいかってお尻。このヒップアップ。当時、フォードマスタングがこのヒップアップで発売され超かっけー!!もう一台のヒップアップ車はトヨタ・セリカLBでした。フジミのキットは細部にわたりデカール貼りが特徴でシートの柄までデカールです。メーターパネルなどもデカールで自分で筆でチョイチョイ塗るよりは楽チン。難関突破。









モービルスクゥエア長野店 | R/C・プラモデル製作 | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

VW フォルクスワーゲン ビートル ムーンアイズ仕様 1/24 ナセガワ プラモデル製作 長野県 千曲市 ミニカーショップ

残念!!生産終了。

今から70数年前の戦時下ポルシェ博士によりできあがった世界の名車。ヒトラーが国民のためのクルマを希望したから続いたとても息の長いクルマでほとんどの人がこの独特のスタイルは知っているはず。ムーンアイズはモービルスクエアのお取引先でもあるし、こりゃ記念に作りたくなるキット。このキットのお気に入りはホイールがメタル製。シッカリ磨くとピカピカになる。ムーンアイズ・オリジナルディスクホイールです。今でも販売しております。てっちんホイールにネジでとめます。似合うのはホワイトウォールタイヤでこれもモービルスクエアで販売しています。キットのもうひとつの特徴はビロード製の床マットが付属され感激。ハセガワ模型のこだわりがよく伝わって嬉しい限り。なので、作る側も何かこだわりとかテーマをもって取り組むのが正しい。いつも完成はするが100%の満足はない。何かどうか失敗はあり取りつけ専門職人ごみのような小さいパーツは失くすはめんどうで捨てることもある。そのくらいプラモ作りは粘りや根気がいる。それこそ好きじゃなきゃやっていられない作業。













モービルスクゥエア長野店 | R/C・プラモデル製作 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ウィリアムズ ルノー FW-13B 1990 1/24 TAMIYA 長野県 千曲市 ミニカーショップ

約30年前に買ったタミヤのプラモデルキットを完成

当時のF1カーと今を比べるとその違いは一目瞭然。ギヤシフトだって、ステアリングだってマニュアルで電子制御ではないアナログ。F1キットのたいへんなところはなんたってデカール貼り。パーツごとに分割して貼っていくわけで、少しの食い違いもゆるされない。分割パーツを全て合わせて貼ったデカールが全て一致しなければ見た目が悪くなる。大きな失敗はデカールが破れる、穴が空く。失敗したところは修正がたいへんで色を作って塗る。おまけのパトレーゼのフィギアも付いていてこれもしっかり作る。ヘルメットのデカール貼りは目がちょちょ切れる。苦難を超えて完成させると大きな達成感に浸れる。

















モービルスクゥエア長野店 | R/C・プラモデル製作 | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ジープ ラングラー ハードトップ 1/24 田宮模型 キット作り 長野県 千曲市 ミニカーショップ

出来栄えのいいタミヤキット・1/24 Jeep

20数年前に購入したキットで久し振りに箱を開け組み立てに着手。クルマの場合悩むのがボディカラーで悩んだあげくチタンゴールドに決定。プラモの場合できるだけ作る側の個性をだしたいし、こんなクルマがあったら乗りたい!!と思うよにできるのがプラモデル。多少のカスタマイズもできるし夢が広がる。プラモ作りは細かい作業の連続で指先の運動にもなるし、一番は脳の活性化。取りつけ専門職人の老化防止にもなってひじょうに良いことだ。しばらくプラモ作りはしてこなかったけれど、今後は更に加速させダンボール箱が山積みになっているプラモデルを取り出しはりきって完成させていきたい。







モービルスクゥエア長野店 | R/C・プラモデル製作 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

インフォメーション

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

オーディオ・ナビ・セキュリティ取り付け実績紹介

オーディオ・セキュリティ取り付け紹介

LINKS

PROFILE

profilephoto

モバイル

qrcode